【骨盤ベルトは必要!?】 助産師が施術する骨盤ケア整体院 整体いずみ - 芦屋市 整体いずみ

ブログ

【骨盤ベルトは必要!?】 助産師が施術する骨盤ケア整体院 整体いずみ

更新日:

神戸•芦屋•西宮で唯一

「助産師」で「現役子育て中のママ」が施術する

マタニティ•産後骨盤ケア専門整体院 整体いずみ

骨盤ベルトは必要!?

今回は「骨盤ベルト」について

妊娠中、産後と「骨盤ベルト」をつけるかつけないかで

迷われる方、多いと思います。

(イラストはあくまでイメージです)

当院の考え方は、ベルトをつけなくても

体の不調がなければつけなくて良い、と思っています。

つけない方が骨盤の動きを制御せず、

骨盤をフリーにすることで滑らかさが出るからです。

 

「つけた方が調子が良い」という方、

つけなければならない=骨盤にゆがみがある

骨盤が不安定、自分で自分の子宮が支えられない

ということです。

また、妊娠中で体に不調がないけど、ベルトをつけるとお腹が下がらず支えられる、という意味でつけられる方もいらっしゃるようですが、キチンとしたケアを受けていれば、自分の骨盤でお腹を支えられ、

 

赤ちゃんにとって居心地良い環境が作れるんです。

 

ベルトをつければお腹が上がるのは当然なこと。

 

だったらベルト無しでお腹を上げなければならないのではないかと、私は思います。

 

なので、ベルトがないと日常生活が送れないからベルトを毎日つける、という方は

 

相当ゆがみ、ゆるみ、開きがあり、自分の骨盤で支えられない、赤ちゃんと自分自身が守れない、ということになります。

 

1人目より2人目、2人目より3人目と、

妊娠を重ねるたびに、骨盤はガタがきてますので、

トラブルが起こりやすくなります。

お産でガタガタ、ボロボロになった骨盤を

またベルトで支える。

そうすると、ベルト無しでは生活できない体になっていきます。

ベルトの支えがあって動ける状態ですので、

次第にベルトがなければ動けない体になっていくんです。

 

そういう体になってしまうと、ベルト無しの体に戻るには相当な時間が必要になってきます。

 

当院のマタニティケアを定期的に受けられると、ほぼ皆さんベルト無しのマタニティライフを送っています。

 

産後の方でも、定期的に来院されている方は、ケア後はベルトがなくても生活できますし、仕事も妊娠前同様バリバリこなせておられます。

 

妊娠中、産後に何も不調がない方、

ベルトをつけた方が良いのかな、とお悩みであれば、

 

「つけなくて良い」

 

というのが私の考えです。

 

ベルトをつけないと不調をきたす、

という方は、ベルトをつけて安心するのではなく

まずご自身の骨盤のゆがみ、

ゆるみ、開きをケアするのが先決です。

ベルトがあれば妊娠中なんとかやってこれた、という方で、お産でトラブルあった方(切迫早産で出産になった、難産、お産で出血が多かった、産後フラフラ、入院中から体が痛くて座れない、仰向けで寝れない、起き上がれないなど)の話をよく聞きます。

 

ベルトがあればなんとか育児できる。

それはちょっと違うのではないかと思います。

 

当院は、

ベルトありきのケアではなく、

 

ベルト無しで生活できるケアを目指しています。

 

ちなみに骨盤矯正ガードル、パンツは、

骨盤を正常な形に戻すことは不可能です。

 

正常な位置に戻す方向が全く違うんです。

しめるだけでは戻りません。

圧迫するだけでは戻りません。

 

またお一人お一人、骨盤のゆがみ方が異なりますので、ただ履くだけでは簡単に戻らないんです

妊婦さん、産後の方はみんなベルトをつけましょう!

ではなく、

ベルトをつけなくても良い「体」を作りましょう

というのが、整体いずみです。

 

体に不調はないけど、安産で出産したい、産後の骨盤をキチンと戻したい、という方はお気軽に連絡下さい

「ベルトがないと生活できない!」

という方は、早めにお越し下さい!

LINE@ご登録者限定で、初回特別価格をご用意してます!

↓タップでLINE@にご登録できます

トップページはこちら↓

http://www.seitai-izumi.com

整体いずみのホームページ

no image 1

生後1ヶ月未満の赤ちゃんも託児可能   ❶ 3児ママ助産師によるマタニティ・産後骨盤矯正 助産師として妊娠・出産の知識と経験を積み、自ら不妊・流産・妊娠・出産を経験しています(現役子育て中) ...

-ブログ

Copyright© 芦屋市 整体いずみ , 2021 All Rights Reserved.