抱っこひも使うと肩こり•背中の痛み•首痛でしんどいママへ 助産師が施術する骨盤ケア整体院 整体いずみ - 芦屋市 整体いずみ

ブログ

抱っこひも使うと肩こり•背中の痛み•首痛でしんどいママへ 助産師が施術する骨盤ケア整体院 整体いずみ

更新日:

神戸•芦屋•西宮で唯一、助産師で現役子育て中のママが施術する

マタニティ安産整体•産後骨盤矯正 整体いずみ

抱っこひも使うと肩こり•背中の痛み•首痛でしんどいママへ 

 

まだ歩けない赤ちゃんの場合、またベビーカーがない時やベビーカー嫌いな赤ちゃんだと、抱っこひもを使いますね。

夕方以降のグズ裏りの時に抱っこひもを使う方もいると思います。

抱っこひもをつけると、1時間ももたずにギブアップしそうになりませんか?

肩痛い...首痛い...背中いたーい!!

 

「抱っこひもはパパ担当」

そういうご家庭もあるかと思います。

でも、パパが抱っこひもしてくれるのはお休みの日くらい。

それ以外はママになってしまいます。

 

抱っこひものきちんとした使い方、ご存知ですか?

 

赤ちゃんがママの前にくるタイプの抱っこひもで、リュックみたいな肩ベルトタイプ(肩ベルトが背中でクロスしない)だと(エ◯ゴみたいなタイプ)、つけ方を少しでも間違うと、首、肩、背中にかなり負担がかかります

元々、肩こりや首の痛み、背中が痛くなりやすい方は、必ずつけ方をマスターした上で使用されることをオススメします!

 

①腰ベルトはくびれのさらに上でつける。

②左右の肩ベルトについているアジャスターバックル(カチっとはめるヤツがついてるストラップ)はできるだけ短くする。

 

要は、赤ちゃんをタイトにまとめるのがポイント。

 

腰ベルトも肩ベルトもゆるんでいたり、長かったりすると、ただただママがしんどいだけです。

パパが使った後、面倒でも必ず自分のサイズに調整して下さい。

 

月齢にもよりますが、赤ちゃんのお鼻かおでこと、ママの口が当たるような位置にくるとベスト。

赤ちゃんのお顔がママの胸辺り➡️赤ちゃんが低すぎます❌

 

LINE@にご登録いただき、抱っこひもをつけている写真を送っていただければ、アドバイスさせていただきます!

それでも抱っこひもするとしんどい、痛い場合は、まず自分の身体をケアする必要がありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

↓タップすると、整体いずみのLINE@にご登録できます↓

トップページはこちら↓

http://www.seitai-izumi.com

整体いずみのホームページ

no image 1

生後1ヶ月未満の赤ちゃんも託児可能   ❶ 3児ママ助産師によるマタニティ・産後骨盤矯正 助産師として妊娠・出産の知識と経験を積み、自ら不妊・流産・妊娠・出産を経験しています(現役子育て中) ...

-ブログ

Copyright© 芦屋市 整体いずみ , 2021 All Rights Reserved.